あれっ!?…ブルゾン!? 黒髪ぱっつんボブの失敗を防ぐコツ|ドルチェヘアー大森のブログ

「私がやったら野暮ったくなりそう……」、「一歩間違ったら、ブルゾンちえみに見えちゃいそう」。広瀬すずの黒髪ボブは素敵だけど、マネするとなるとハードルが高い髪型に感じてしまうという人も多いのではないでしょうか。

しかし、カットやパーマなどで少しアレンジするだけで、誰にでも似合う髪型になりますよ! 「夏に向けて髪を切りたい」と思っている方にもおすすめ。

今回は、パッツン黒髪ボブでも、重くならずに可愛くなる5つの方法を教えていただきます。

 

1:シルエットを少し前下がりに

広瀬すずのように、全体の長さを揃えた重さのあるストレートのボブだと、よくありがちなスタイルになってしまいます。そうならないためには、カットに一工夫が必要。

彼女のような黒髪、暗髪のパッツンボブにするときは、全体の長さより少し顔の周りを長く残すような前下がりのシルエットにすると、ニュアンスが出てグッと今っぽくなります!

 

2:オシャレ感のカギは「透け感&軽さ」

暗い髪はどうしても重たく見え、野暮ったいイメージになってしまうことも。スタイリッシュに見せるには“前髪”のつくり方もポイントです。

前髪に隙間をつくって軽さと透け感を出すことがポイントです。何より前髪が重いと全体に重い印象になり、表情も暗く見えがち。広瀬すずもパッツンながらも透け感のある前髪です

 

3:毛先は自然に遊ばせる

ボブはピュアな雰囲気が出せる髪型。そのため、大人がトライするには少し子どもっぽく見えてしまうのが難点です。

暗めのボブは普通にトライすると遊びがなく、子供っぽく見えてしまうので、前髪や毛先には軽さを出すようにカットし、自然と遊ばせるようにしましょう。

モード系が好きな人でもパッツンすぎると、顔型や髪質を選んでしまうので難しいところ。髪質によっては軽めにパーマをかけることもオススメです

空気感を持たせるなど、毛先に自然な遊び感を持たせるのが大人ボブのコツだそう。

 

4:大人アレンジで今っぽく

アレンジしにくさであまり変わり映えしないボブスタイルも、耳かけヘアなら即効、旬のスタイルになります。

アレンジがしにくいと思われがちのボブですが、片方だけを耳にかける事でこなれ感を出すことができます。耳のかけ具合もきっちりかける、少しだけかける、と微妙な違いで表情の変化も出せますよ

ピアスをつけたり、赤リップに変えたりすれば、旬のオシャレが楽しめそう。

 

5:ツヤ感ありのスタイリングで

美人オーラを出すのに欠かせないのが、髪の毛のツヤ。ツヤがないとボサボサに見え清潔感もなければ、老けて見えることに。

この手のヘアスタイルはパサつきNGです。スタイリングはツヤ感を意識しましょう。ワックスだと必要以上に束感が出てしまうのと、ベタついてしまう可能性があるので、オススメはスプレータイプのトリートメントです

スプレータイプのツヤ出しトリートメントなら、軽さを出しつつツヤが出せますね。

 

この夏、黒髮ボブにしたい人は上記を参考にしてみてくださいね。きっとオシャレに仕上がりますよ!